ソフトバンク孫社長、3.3兆円買収は「最も重要な布石」-今後の中核に

  • 英アームは中核会社に、ソフトバンクは出世魚のように変化-孫氏
  • 世界のスマホの95%以上はアームが設計した半導体を内蔵

ソフトバンクグループの孫正義社長は21日、英半導体設計会社アーム・ホールディングスの買収について、さまざまな製品がインターネットにつながるIoT時代の「最も重要な布石になる」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。