日本株反発、1カ月超ぶり円安と経済対策の拡大観測-金融、輸出買い

更新日時

21日の東京株式相場は反発。1カ月超ぶりに1ドル=107円台までドル高・円安が進み、企業業績に楽観的な見方が広がったほか、経済対策規模の拡大観測もプラスに寄与した。証券や保険、銀行など金融株、輸送用機器や機械など輸出株、鉱業、海運株中心に高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。