ブラジル中銀、政策金利を14.25%に据え置き-8会合連続

更新日時
  • ブルームバーグが調査したアナリスト38人全員の予想通り
  • 中銀はリセッション悪化を招かずにインフレ抑制目指す

ブラジル中央銀行は20日、政策金利を14.25%に据え置くことを決めた。金利据え置きは8会合連続で、アナリストの予想通りだった。当局はリセッション(景気後退)を悪化させることなく根強いインフレを抑制することに苦戦している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。