NY金:反落、株価やドルの上昇で需要減退-銀は続落

20日のニューヨーク金先物相場は反落し、3週間ぶりの安値となった。株価の上昇やドルの値上がりを背景に、価値保存手段としての金の需要が減退した。銀は続落し、過去8カ月で最長の連続安を更新した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。