米エトナ:必要なら法廷で争う用意-370億ドルのヒューマナ買収計画

米医療保険会社エトナは13日、370億ドル(約4兆円)での同業ヒューマナ買収計画を進めるため、必要とあれば法廷で争う用意があると説明した。

  エトナの広報担当T.J.クロフォード氏は電話取材に対し、「提訴された場合は当然、当社の買収計画を守るため法廷で主張する」と述べた。

  事情に詳しい関係者によれば、エトナは「メディケア・アドバンテージ」として知られる高齢者向け医療保険市場で十分な競争を確保する方法は複数あると主張する準備を整えている。さらに同社は、米当局者に対し、既に2つの異なる会社分割案を提出しているという。関係者は情報が公になっていないとして匿名を条件に語った。

  クロフォード氏は同社の分割計画や司法省とのやり取りについてコメントを避けた。

原題:Aetna Ready to Fight for $37 Billion Humana Deal in Court (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE