トランプ陣営:夫人のスピーチライターがミス-辞意表明も受理せず

2016年米大統領選の共和党候補に正式に指名されたドナルド・トランプ氏と同氏の家族は、メラニア夫人の演説を担当したスピーチライターが辞職を申し出たが受理しなかった。トランプ陣営が20日、声明を発表した。

  トランプ財団のスタッフライターを務めるメレディス・マックアイバー氏が署名した声明によれば、メラニア夫人は電話で同氏に対し、ミシェル・オバマ米大統領夫人の演説の一部を読み上げたが、それが誤って18日にテレビ放映された演説原稿に盛り込まれた。

  トランプ氏はツイッターでメディアの扱いは不当だと非難した上で、それでも注目を集めたことは陣営に恩恵をもたらすと述べていた。メレディス氏はトランプ氏のツイッター投稿の数分後に発表された声明で「自分の過ちがもたらした混乱とヒステリックな状況に対して謝罪する」と述べた。

原題:Trump Camp Says Melania’s Speechwriter Made Mistake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE