トルコ・リラが過去最安値を更新-S&Pが格下げ、見通しネガティブ

20日の外国為替市場で、トルコ・リラがドルに対し過去最安値を更新した。先週のクーデター未遂を受けた政情不安の高まりを理由に、S&Pグローバル・レーティングがトルコの格付けを引き下げた。

  リラは一時1ドル=3.0834リラまで下げた。イスタンブール時間午後7時2分現在は1.1%安の3.0755リラ。

  S&Pはトルコの格付けを「BB」に指定、これまでの「BB+」から引き下げた。見通しは「ネガティブ(弱含み)」。クーデター未遂を受けて政治的分裂がさらに深刻化したとし、これがトルコの投資環境と成長、資本流入に影響すると分析した。ムーディーズ・インベスター・サービスもトルコのソブリン格付けを引き下げ方向で見直している。

原題:Turkish Lira Tumbles to Record-Low After S&P Cuts Rating(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE