マクドHD:ポケモンGOの日本配信、開発企業と協力-株価連騰

更新日時
  • コラボレーションを近く実施する予定
  • 日本サービスを問題なくスタートできるよう、開発企業「鋭意準備」

日本マクドナルドホールディングスは、スマートフォン向け現実拡張ゲーム「ポケモンGO」の日本配信に向け、開発企業と協力していることを明らかにした。マクドHDの株価は5営業日連続で上昇している。

  マクドHDは一部メディアの報道を受けてリリースを発表し、ポケモンGOとのコラボレーションを近く実施する予定だと明らかにした。日本版のサービスを問題なくスタートできるよう、開発企業が「鋭意準備している」と説明している。協力の詳細は環境が整い次第、速やかに報告するとした。同社株は21日午前の取引で一時、前日比10%高の3875円となった。株価が5日連続で上昇するのは約3カ月半ぶり。

ニューヨークのセントラルパークでポケモンGOで遊ぶゲーマー

Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

  ポケモンGOは米国など海外で爆発的人気となっているが、ポケモン発祥の地である日本ではまだ配信されていない。  

  ポケモンGOは小売業や外食産業に大きな利益をもたらすとみられている。ポケモンGOによりユーザーを実店舗に引き寄せることができるためだ。マクドHDがポケモンGOの日本配信で協力するとの観測から、同社の株価は先週末以降、上昇していた。

  既にマクドHDは「ピカチュウ」などポケモンのキャラクターを基にしたおもちゃを「ハッピーセット」に取り入れている。米マクドナルドの広報担当リサ・マッコム氏は現地店舗で提供する「ハッピーミール」でポケモンのおもちゃを提供する予定は当面ないと説明した。

  すでに配信が始まった米国では、このゲームを商業に活用する動きが広がっている。レストランの口コミ情報などを提供するアプリを運営するイェルプは、同社のアプリで近くにいるポケモンを検索するなどの機能を備え、ユーザー利用の活性化につなげようとしている。

(株価情報やリリースの詳細を追加して更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE