20日のインド株式相場は上昇し、指標のS&P・BSEセンセックスは続伸となった。海外勢によるインド株の買いが膨らむ中、少なくとも4構成銘柄が上場来高値を記録した。

  世界最大の石炭会社であるコール・インディアが構成銘柄の中で上昇率首位。決算発表を21日に控えたHDFC銀行は上昇来高値を付けた。指数構成銘柄の送電会社パワー・グリッド、二輪車メーカーのヒーロー・モトコープ、バジャジ・オート、構成銘柄でないもののインド石油会社(IOC)、ヒンドゥスタン・ペトロリアム、バーラト・ペトロリアムもそれぞれ最高値を更新した。

  センセックスは前日比0.5%高で終了。海外勢によるインド株式売買動向は月初来で8億4700万ドルの買い越しで、月間ベースでは4カ月連続の買い越しとなる勢い。過去2年干ばつだったインドの降雨量が増えたことや企業業績に回復の兆しが見られることを背景に、指数は2月安値から22%上昇している。

原題:Indian Stocks Climb for Second Day as HDFC Bank Jumps to Record(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE