ヘッジファンド、中国株に対し強気に転じる-英EU離脱でも堅調維持

スプリングス・チャイナ・オポチュニティーズ・ファンドやカウンターポイント・アジアン・マクロ・ファンドなど、中国株に対し強気に転じるヘッジファンドが増えている。経済成長減速や、英国の欧州連合(EU)離脱選択という市場を揺るがすショックの中でも、本土株が堅調さを保っているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。