欧州の銀行、損失吸収で55兆円強の確保必要に-EBA試算

欧州の銀行は欧州連合(EU)の資本規則を満たすため今後数年内に、数千億ユーロ規模の損失吸収条項付き証券を発行することが必要になる。

  欧州銀行監督機構(EBA)が「損失吸収」に適格とされる証券について最も保守的な仮定に基づき見積もったところでは、4700億ユーロ(約55兆700億円)相当が必要になる。EBAは19日、適格債務最低基準(MREL)と呼ばれるEUの資本・債務規制について初めての定量的な影響調査の結果を公表した。

  銀行の資本水準が下がった際に資本に転換できる、つまり損失吸収に使える証券の最低要件はEUの銀行破綻規則の中核。主要国・地域の中央銀行や監督当局で構成する金融安定理事会(FSB)が世界的な大手銀行に対し設定する総損失吸収能力(TLAC)基準に類似のものだが、欧州単一破綻処理メカニズム(SRM)の下で設立された単一破綻処理委員会(SRB)やイングランド銀行が個々の銀行にそれぞれ定める。

原題:European Banks May Need $517 Billion of Loss-Absorbing Funds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE