超長期債が下落、リスク選好や景気対策警戒で-日銀オペ後に一段安

更新日時
  • 財政・金融政策に不透明感、押し目買い入れにくい-メリル日本証
  • 追加緩和と大型景気対策がセットのシナリオ連想も-三菱モルガン

債券市場では超長期債相場が下落。世界的なリスク選好の流れや政府の大型景気対策の観測を背景に、利回り曲線のスティープ(傾斜)化が続いた。日本銀行が超長期ゾーンの買い入れオペを実施したが、利回りは上昇幅を拡大した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。