熱狂任天堂株、短期はクールダウン必至か-中期は知的財産評価も

更新日時

わずか1週間余りで株価が倍増、個別銘柄の1日当たり売買代金で過去最高を記録するなど、7月相場を席巻している任天堂株。20日の取引で連騰の勢いが止まり、市場参加者は短期過熱を警戒し始めた一方、中期的な視点では豊富な知的財産を再評価する声も聞かれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。