香港H株上昇、上海総合は3日続落-バリュエーション格差が縮小

更新日時
  • 香港市場ではH株指数が0.4%高、ハンセン指数は1%高
  • 本土市場では上海総合指数が0.3%安

香港と中国本土市場に重複上場する銘柄の両市場でのバリュエーション(株価評価)格差は20日、昨年10月以来の小ささとなった。本土上場株よりも割安な香港上場株が投資家を引きつけた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。