富国生命、思わぬ現金収入で米債購入に余力-従来計画の3倍に

  • 「105円割れ、100円前後であれば、さらに膨らむ可能性がある」
  • 日本国債「プラス取れるところ買うかもしれないが、メーンでない」

国内機関投資家の運用難が深刻化する中で、富国生命の一般勘定に予想外の現金収入が舞い込んでいる。為替リスクを回避するために行ってきたヘッジ取引からの収益が増えているためで、米国債を中心とした外貨建て公社債購入のための資金は従来計画の約3倍に増えている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。