本選で必ず勝利とトランプ氏、「最後までやり抜く必要」訴え

  • ライアン下院議長は共和党全国大会でこれまでで最も強く支持を表明
  • 民主党ヒラリー・クリントン氏への批判の発言相次ぐ-米大統領選

米オハイオ州クリーブランドで18日に始まった米共和党全国大会は反トランプ派代議員らの抵抗で波乱の幕開けとなったが、乗り切りを図った同党は、19日にトランプ氏を大統領候補に正式指名した。指名獲得を受け、トランプ氏は本選で必ず勝利すると述べるとともに、「われわれは最後までやり抜く必要がある」と訴えた。

  トランプ氏はニューヨーク市からライブ動画で全国大会に参加し、「私の子供たちの手によって指名が確定するのを見ていたが、きょうは非常に特別な日となった。決して忘れることはないだろう」と語った。

  トランプ氏の地元ニューヨーク州の票で同氏の指名獲得が確定した。同州の代議員を代表してトランプ氏の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏が賛成票を投じ、必要とされる支持を上回った。
  
  大会2日目夜の発言者は、民主党候補指名を確実にしているヒラリー・クリントン前国務長官をもっぱら批判。同氏は国家安全保障を危険にさらしたうそつきだなどとの発言が相次いだ。

  マコネル上院共和党院内総務はスピーチで、「ここでお話したいのは、クリントン氏は大統領に選ばれるためにはなりふり構わぬ言動に訴えるということだ」と述べ、「クリントン氏はあまりにも多く立場を変えてきたので、政治的信条と野望の境目が分からない」と指摘した。

  また、従来トランプ氏支持に消極的だったライアン下院議長はこれまでで最も強く支持を表明した。ライアン議長は、次の一般教書演説では「演台上に、トランプ大統領とペンス副大統領と並んで私の姿が見られるだろう」と語った。

原題:Trump Predicts Victory as GOP Tries to Get Convention on Track(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE