中国石炭業界の王者復活、パフォーマンスは最低から最高に-チャート

  昨年、香港株式市場のハンセン指数の構成銘柄のうち最低のパフォーマンスだった中国神華能源が、今年は一転してこれまでのところ最高のパフォーマンスを示している。世界最大の石炭消費国である中国で最大手の石炭採掘会社である同社は、減産に加え、余剰能力削減を目指す改革をきっかけとした価格上昇の恩恵を受けている。シティグループの予想によれば、生産が今年9%減少することから、中国の指標となる石炭価格は現在の約420元から12月までに1トン=450元に達する可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。