ハルク・ホーガンSEX盗撮訴訟で破綻したゴーカー、創業者も破産へ

  • 判事は破産裁判所の保護を創業者デントン氏に差し伸べず
  • ゴーカーはプライバシー侵害訴訟で敗訴後に破産法11条の適用申請

元プロレスラーのハルク・ホーガン氏からプライバシー侵害で訴えられた裁判で1億4000万ドル(約148億円)の損害賠償を命じる評決を受けた米ゴーカー・メディアは、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請して賠償支払いを回避したものの、創業者ニック・デントン氏は破産裁判所の保護を得ることはできなかった。デントン氏は自己破産手続きに入る可能性が高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。