トランプ氏資産約3180億円か-ゴルフコースやトランプ・タワーが高騰

  • 借金は増え、少なくとも5000万ドル相当の株式と債券を売却
  • ビリオネア指数によれば、資産額は1年前の29億ドルから増加

ドナルド・トランプ氏の大統領選への立候補は、当初は勝つ見込みのない大ばくちと考えられていた。共和党候補の指名獲得を確実にする過程で、同氏は借金を増やし、少なくとも5000万ドル(約53億円)相当の株式と債券を売却した。その一方で、同氏が所有するゴルフコースとニューヨーク市マンハッタンのトランプ・タワーの資産価値が高騰した。

  米オハイオ州クリーブランドで開催中の共和党大会で党の大統領候補に正式指名され、21日に指名受諾演説に臨むトランプ氏が所有する資産をあらためて評価すると、このような結果となる。同氏の主要資産のパフォーマンスは一様ではないが、ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、純資産額は30億ドル(約3180億円)と1年前の29億ドルから増えた。

スコットランドの所有ゴルフコースで語るトランプ氏

Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg

  大統領選に立候補して以後、トランプ氏は自らの資産額が100億ドルを上回ると繰り返し述べ、それがビジネスマンとしての成功の証しだと主張してきた。米誌フォーチュンとフォーブスが過去1年以内に公表した評価によれば、同氏の資産額は50億ドルに達していない。

  ブルームバーグは、トランプ氏が5月に米連邦選挙委員会(FEC)に提出した資産公開の内容やモーゲージ申告、不動産記録、リース契約、欧州の複数のゴルフコースの年次報告、稼働率・資本収益率・賃借料に関する市場データ、ホテルやコンドミニアムの売却、同氏の資産の事情に詳しい匿名の関係者とのインタビューから得た情報を集計し、世界的な大富豪の資産評価で用いる手法に従って算出した。

トランプ氏の資産

BLOOMBERG

原題:Trump Is Richer in Property and Deeper in Debt in New Valuation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE