炭鉱で働くのが危険だと思うなら飲料業界を試してみては-チャート

  炭鉱で働くのは危険を伴う可能性があるが、ビールを積んだトラックを運転するのはもっと危ないかもしれない。ブルームバーグ・インテリジェンスの分析によれば、飲料業界は労働災害事故率の高い業界の一つで、鉱業とエネルギー業界を上回る。新興国では、飲料を運搬するドライバーらはしばしば悪路を運転し、困難な状況での勤務を強いられる。ただ、事故件数は減少してきている。2014年には事故のために仕事を休まなければならなかった従業員が100人当たり1人未満と、3年前の約1.2人を下回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。