伊モンテ・パスキ、不良債権の売却合意と資本増強目指す-関係者

  • 資本不足の穴埋めで最大50億ユーロの増資が必要か
  • モンテ・パスキは増資のアレンジで証券会社と契約

イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは、不良債権を銀行救済基金に売却する方向で合意とりまとめを急いでいるほか、資本不足を穴埋めする最大50億ユーロ(約5800億円)の増資も目指している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。