日本株7日ぶり反落、過熱や欧米株軟調-任天堂一服、午後は下げ渋る

更新日時

20日の東京株式市場は小幅ながら7営業日ぶりに反落。連騰による短期過熱感や欧米株の軟調を背景に、リスク資産に資金を振り向ける動きが一巡した。連日大幅高となっていた任天堂は、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の日本配信の延期観測で急反落。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。