NY原油(19日):続落、2カ月ぶり安値-ドル高と潤沢な在庫見通し

19日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落し、約2カ月ぶり安値。ドルの堅調を嫌気した。20日に米エネルギー情報局(EIA)が発表する週間統計では、原油の潤沢な在庫水準が示される見通し。ゴールドマン・サックス・グループは米原油生産がこれまでの想定以上に減少するとの見方を示し、原油相場は一時1%上昇する場面もあった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。