IMF:為替介入は日本にとって不必要、3本の矢と所得政策で対応を

国際通貨基金(IMF)は、円は秩序立った動きを見せており、日本政府による介入の必要はないと指摘。経済成長とインフレを押し上げる手段として円を下落させるのは有効な手段ではないとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。