米ロッキード:4-6月期は市場予想上回る、「F35」の納入が増加

  • 米国防総省とのF35契約協議はまだ完了していない
  • 通期の見通しを引き上げ

国防関連で世界最大手、米ロッキード・マーチンの4-6月(第2四半期)決算は利益が市場予想を上回った。戦闘機「F35」については、米国防総省との契約協議が長引くのに伴い、一部生産コストの計上を強いられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。