ハモンド英財務相:経済防衛の最前線、イングランド銀行が担う

英国のハモンド新財務相は財務省とイングランド銀行(英中央銀行)が連携していることを明らかにし、欧州連合(EU)離脱選択に揺れる国内経済にとって金融政策が第一の防衛線だとの考えを示した。

Philip Hammond, U.K. chancellor of the exchequer on Tuesday, July 19, 2016.

Photographer: Jason Alden/Bloomberg

  ハモンド財務相は19日、ロンドンで議員らに対し「秋季財政報告を準備するに当たり、英国経済の安定性を即座に取り戻し、経済の基礎的な健全性への信頼を維持するためイングランド銀行と緊密に連携する」と言明。その上で「この類いの衝撃に対する最初の対応は、イングランド銀行による金融政策での対応でなければならない」と続けた。

  オズボーン前財務相が設定した2020年までに財政収支を黒字化する目標を、メイ首相は放棄すると宣言しており、金融と財政が一体化する兆しはすでに現れていた。ハモンド財務相はリセッション(景気後退)に陥るリスクのある国内経済に対して最善の刺激策を決定しなければならないが、財政出動による景気対策の発表はあるとしても年内のもっと遅い時期になるだろうと述べた。

  一方で「イングランド銀行総裁は先週、利下げを見送ったが、金融政策パッケージを練り上げて時期が来れば発表することを明確にした」と述べた。

原題:Hammond Says BOE Should Be First Line of Defense for Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE