米住宅着工件数:6月は年率119万戸に増加、2月以来の高水準

6月の米住宅着工件数は予想を上回る伸びを示した。住宅販売シーズンの終盤にさしかかり、住居用不動産市場に一定の勢いが付いた。

  米商務省が19日発表した6月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比4.8%増の119万戸と、2月以来の高水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト73人の予想中央値は116万5000戸だった。

建設中の住宅(米ケンタッキー州)

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

  6月の一戸建ての着工件数は前月比4.4%増の77万8000戸。集合住宅は5.4%増の41万1000戸。

  スタンダードチャータードのシニアエコノミスト、トーマス・コスターグ氏は「住宅市場は引き続き堅調に推移している」と述べ、「非常に低い住宅ローン金利も市場を押し上げている。しかし同時に巡航速度に達しつつあることからこの先に輝かしい伸びは期待できないだろう」と続けた。

  住宅建設許可件数は6月に1.5%増の115万戸。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想と一致した。

原題:Housing Starts in U.S. Increased More Than Forecast in June (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE