ゴールドマン:債券トレーディングが利益押し上げ-経費削減は期待以下

更新日時
  • 債券トレーディング収入は33%増、株式は11%減
  • 報酬費用は13%減の33億ドル

ゴールドマン・サックス・グループの4-6月(第2四半期)決算は、前年同期比で74%の増益となった。債券トレーディングと債券引き受けの収入がアナリスト予想を上回った。ただ、経費は市場の期待ほどには低下しなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。