ロンドン繁華街の物件売却で明暗-英不動産ファンドへの逆風浮き彫り

ロンドンの不動産を急いで売らなければならなくなった場合、どの程度の損をするのだろうか。英国一の買い物天国、オックスフォードストリートの2物件を見ると、約15%の差が付くようだ。両物件はいずれも英国が欧州連合(EU)離脱を決めた後で売却された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。