中国で最も熱い不動産市場は引き続き深圳-チャート

  中国で最も熱い不動産市場は引き続き深圳だ。不動産価格の抑制策を講じた深圳だが、6月の新築住宅価格は前年同月比46.7%上昇。2番目に大きな値上がり率を示したアモイに大差をつけた。国泰君安証券の深圳在勤アナリスト、リウ・フェイファン氏は「不動産開発会社は値引きを急いでいない。これまでの販売好調や緩和的な金融政策で資金は潤沢だ」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。