7月のドイツZEW景況感が悪化、12年来低水準-英EU離脱選択で

  • 7月の期待指数はマイナス6.8、6月のプラス19.2から急低下
  • 英EU離脱選択が景況感悪化につながった恐れ-ZEWが指摘

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた7月の独景況感指数は予想以上に悪化した。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことを受け、脆弱(ぜいじゃく)な域内景気の回復を弱めるとの懸念が景況感に反映された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。