日本除くアジア株、9カ月ぶり高値から反落-商品関連銘柄など安い

日本を除くアジアの株式相場は19日に反落。前日は約9カ月ぶりの高値を付けていたが、商品関連銘柄を中心に売られる展開だった。投資家の間に世界的な株価回復で拍車の掛かった相場上昇は行き過ぎだったとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。