ECB:ユーロ圏の融資環境4-6月に改善、英離脱影響まだ見られず

ユーロ圏の融資環境は4-6月(第2四半期)に改善した。少なくとも英国の欧州連合(EU)離脱選択で見通しが曇るまでは、域内で景気回復の勢いが増していたことが示唆された。欧州中央銀行(ECB)が19日公表した四半期銀行融資調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。