中国:債務の株式化プログラム迫るとの観測広がる-国務院声明で

中国が企業のレバレッジ(借り入れ)と不良債権の増大に対応する取り組みの一環として、デット・エクイティ・スワップ(債務の株式化)を近く始めるとの観測が、国務院が18日発表した声明を受け広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。