ECB、社債プログラムの購入銘柄を初めて公表-150社余り

欧州中央銀行(ECB)は、社債買い入れプログラムで購入した銘柄を初めて公表した。開始から5週間で150社余りの社債を買い入れたことが分かった。

  ECBのウェブサイトによると、同中銀は食品メーカーのダノンや資源会社のグレンコア、保険のマフレなどの社債を購入した。個別銘柄の保有高は明らかにしていない。少なくとも1社の格付け会社からジャンク級(投機的格付け)と認定されたルフトハンザとテレコム・イタリアの社債も買い入れた。

  6月8日にプログラムが開始されて以降の購入額は約104億ユーロ(約1兆2200億円)。

原題:ECB Buys More Than 150 Companies’ Bonds in Five-Week-Old Program(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE