香港H株:7日ぶり反落、エネルギー株安い-上昇行き過ぎとの見方

更新日時
  • 前日に強気相場入り目前だったハンセン指数も反落
  • 中国本土市場で上海総合指数は0.2%安

19日の香港株式市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数が7営業日ぶりに反落。最近の上昇が行き過ぎとの懸念からエネルギー株や金融銘柄を中心に売られた。

  H株指数は前日比1.1%安の8988.79で終了。前日までの6営業日で6.5%上昇し、3カ月ぶり高値を付けていた。中国石油化工(SINOPEC、386 HK)は原油先物相場の下落を受け、2週間ぶりの大幅安。ハンセン指数も0.6%安と、7営業日ぶりに反落。同指数は前日、2月の安値からの上昇率が19%となり、強気相場入りまであと1%以内に迫っていた。

  中国経済が安定しつつあることが指標で示唆され、当局が刺激策を講じるとの観測が広がる中で、H株指数のバリュエーション(株価評価)は今年の最高水準に上昇していた。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は「景気安定化を示唆する経済指標を受けた相場上昇後の一定の利益確定売り圧力を市場は消化する必要がある」と分析。「当局は経済成長の急減速を容認しない可能性が高いため、短期的に相場にはまだ上向きの勢いがある」と述べた。

  中国本土市場で上海総合指数は前日比0.2%下げ、1週間ぶりの安値で引けた。

原題:China Stocks Halt Hong Kong Rally as Valuations Reach 2016 High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE