香港H株:7日ぶり反落、エネルギー株安い-上昇行き過ぎとの見方

更新日時
  • 前日に強気相場入り目前だったハンセン指数も反落
  • 中国本土市場で上海総合指数は0.2%安

19日の香港株式市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数が7営業日ぶりに反落。最近の上昇が行き過ぎとの懸念からエネルギー株や金融銘柄を中心に売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。