IMF:世界成長上向くとの見通し撤回、英EU離脱決定の影響を考慮

  • 2016年の世界GDP成長率予想は3.1%、0.1ポイント引き下げ
  • 英国とEUの交渉が行き詰まれば、影響はさらに深刻に

国際通貨基金(IMF)は世界経済の成長が今年は上向くとの見通しを取り下げた。英国の欧州連合(EU)離脱決定に言及し、投資家や企業の信頼感が揺らげば打撃はさらに深刻になりかねないと警告した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。