ソフトバンクが英半導体設計会社ARM買収に3兆円余り支払う理由

  • ARMのチップはアップルやサムスンのスマホに使用されている
  • 孫正義社長はIoT機器にARMの将来を見据える

ほとんど全てのスマートフォンやタブレット、電子書籍端末、スマートウオッチには、指示を送る小さなマイクロプロセッサーが内蔵されている。ソフトバンクグループが243億ポンド(約3兆3000億円)の買収で合意した英ARMホールディングスは、こうした半導体の設計で世界最大手だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。