ポンド資産には掘り出し物がいっぱい-投げ売り不動産やバイオ企業も

  • ディグル氏はポンド安で恩恵を受ける英企業への投資の機会を探る
  • UBSの顧客は英不動産ファンドが投げ売りする物件の購入を目指す

スティーブン・ディグル氏は、シンガポールに拠点を置くヘッジファンドを通じて金融危機のさなかに27億ドル(約2860億円)の利益を生む投資を行ったことで知られる。英国の欧州連合(EU)離脱決定に伴う31年ぶりのポンド安を受けて、同氏のファミリーオフィスは、英国のバイオテクノロジー企業への投資を増やす計画だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。