マクドHD株が一時ストップ高、ハッピーセットで「ポケモン」おもちゃ

  • 6月の既存店売上高は18.5%増になっていた
  • 2001年11月以来の高値に-15日から「ピカチュウけん玉」など提供

日本マクドナルドホールディングス株は19日午前に一時、値幅制限いっぱいのストップ高まで買われ、2001年11月以来の高値をつけた。15日からハッピーセットの付録で「ポケモン」おもちゃを提供し始めた。

  同社株は午前の取引で一時、前営業日比700円高のストップ高となり、3740円まで買われた。午前10時31分現在は8.2%高の3290円で取引されている。同社は6月の既存店売上高が18.5%増となっていた。また15日からは「ピカチュウけん玉」などのおもちゃをハッピーセットの付録で提供し始めた。

  いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は「ポケモン関連銘柄に買いが殺到している」と指摘。マクドナルドは業績が回復基調にあった中でポケモンブームに乗った格好だとし、「客足がさらに伸びるという期待につながった」と述べた。

  スマートフォンゲームでは6日以降、米国などで配信を開始した任天堂の「ポケモンGO(ゴー)」がヒットしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE