米ヴイエムウェア:4-6月期の利益と売上高、市場予想上回る

  • 7-9月期と通期の見通しを上方修正
  • 株価は時間外取引で一時12%上昇

仮想化ソフトウエアメーカー最大手、米ヴイエムウェアの4-6月(第2四半期)決算では、利益と売上高が共にアナリストの予想を上回り、同社は7-9月(第3四半期)と通期の見通しを引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。