「30年でも長いのに」50年ローン、地銀の不動産融資過熱-リスク増

更新日時
  • SMBC日興によれば地銀の不動産融資シェアは35.7%に上昇
  • 現在は問題なくても「少しずつ問題融資増える可能性」との見方も

不動産投資会社のロードスターキャピタルは、過去最長となる50年ローンを地域金融機関から借り入れることに成功した。返済リスクを減らすため長期融資を希望していた岩野達志社長は、「これまでは30年でも長いと思っていた」と驚く。貸し出し競争が激化する中、運用難の地方銀行など地域金融機関はリスクと引き替えに不動産融資を伸ばしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。