超長期債が下落、20年入札に向けた売り-短期的に下落リスクとの声も

更新日時
  • 新発20年債利回り0.14%、新発30年債利回り一時0.20%
  • 先物は2銭高の153円12銭で終了、153円24銭まで上昇場面も

債券市場では超長期ゾーンを中心に下落した。20年債入札を翌日に控えて売りが優勢となり、新発20年や30年債利回りは約3週間ぶりの水準まで上昇する場面があった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。