NY金先物:小幅反発、「SPDR」からの資金流出は過去8カ月で最大

18日のニューヨーク金先物相場は小幅反発。スポット相場は下落した。米経済見通しの改善で、金連動型上場投資信託(ETF)への需要は減退した。ブルームバーグがまとめたデータによれば、「SPDRゴールド・シェアーズ」からの資金流出額は先週7億9300万ドルと、昨年11月以来の最大となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。