BofA:債券トレーディング収入予想上回る、主要4事業全て増益

更新日時
  • 債券トレーディング収入は22%増の26億2000万ドル
  • 会計上の費用約10億ドルが響き減益に

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)の4-6月(第2四半期)決算は、主要4事業が全て増益となった。債券トレーディング収入はアナリスト予想を上回った。

  18日の同行発表によると、純利益は前年同期比21%減の42億3000万ドル(約4470億円)。会計上の費用として約10億ドルを計上した。1株当たり利益は36セントと、前年同期の43セントを下回った。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は1株利益33セントだった。

  費用は3.3%減の135億ドル、収入は7.1%減の204億ドル。トレーディング業務を含むグローバルマーケッツ部門の利益は42%増え11億2000万ドル。債券トレーディングの収入増加が寄与した。同収入は22%増の26億2000万ドルと、アナリスト予想平均を約3億ドル上回った。株式トレーディング収入は7.6%減の10億9000万ドル。

  ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、主要4事業分野全てが増益となったことに触れ、「長期的なパフォーマンス目標にも近づいた」とコメントした。

  ウェルスマネジメント事業の利益は7.9%増の7億2200万ドル。収入は2.4%減少した。

原題:BofA Bond-Trading Beats Estimates as Four Main Units Post Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE