NY外為(18日):円下落、クーデター失敗で安全資産に売り

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場で円が下落。トルコのクーデター未遂後の動揺に世界的に市場が持ちこたえたことを背景に、安全資産に売りが出た。

  円は対ドルで最大1.3%下げ、終値ベースでは3週ぶり安値。円は主要31通貨のうち1通貨を除いてすべてに対して下落。トルコ・リラや南アフリカ・ランドといったリスクの高い通貨は上昇した。トルコのエルドアン政権転覆を狙う試みは失敗した。

  HSBCホールディングスの米通貨戦略責任者、ダラフ・マー氏(ニューヨーク在勤)は「市場参加者はトルコのクーデター未遂をまだ消化しようとしている。状況は落ち着き始めている」と述べ、「クーデターが未遂に終わったとのニュースが流れると円は下げた」と続けた。

トルコの国旗とエルドアン大統領の写真

Photographer: Ismail Ferdous/Bloomberg

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで1.2%安の106円16銭。リラは1.3%高の1ドル=2.9773リラ。

  菅義偉内閣官房長官は、今月末をめどに取りまとめる経済対策の財源として赤字国債を発行しない方針を明らかにした。16日にブルームバーグのインタビューで話した。

  ソシエテのグローバル・ストラテジスト、キット・ジャックス氏は「トルコのクーデター失敗は国内問題であり、すぐに過ぎ去るだろう」と述べた。一方でトルコが外国での資金調達に依存しているため、リラ高は「これ以上大きく進行できない」と予想、「市場全体への意味合いは限定的だ」と続けた。

原題:Yen Falls to 3-Week Low as Failed Turkey Coup Cuts Haven Demand(抜粋)

(相場を更新し、最終3段落を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE