中国人民元:対ドルで下落、本土市場で約5年ぶりの6.7元台に

中国人民元は18日、ドルに対し下落し5年余りで初めて1ドル=6.7元台となった。不動産価格が冷え込み、ドルが反発する中、当局が元安を誘導するとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。