英中銀ウィール委員:8月利下げにはより確固たる証拠が必要

イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)メンバーのマーティン・ウィール氏は18日、8月の政策決定会合で追加刺激策を支持するには、英国の欧州連合(EU)離脱選択の影響に関してより確固たる証拠が必要だとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。