中国株:上海総合指数は下落-エネルギー株と工業株が安い

18日の中国株式市場は下落。エネルギー株と工業株を中心に売られ、上海総合指数は8日以来の大幅な下げとなった。同指数は週間ベースで先週まで3週連続の上昇を記録していた。

  上海総合指数は前営業日比0.4%安で終了。石炭生産のエン州煤業(600188 CH)は4営業日続落となった。不動産開発の万科企業(000002 CH)は深圳市場で昨年12月1日以来の安値を付けた。国家統計局がこの日発表した6月の新築住宅価格で、値上がりペースの鈍化が示されたことで不動産開発株が売られた。

  華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「最近の相場回復の後を受けて、市場はこの水準で値固めする必要がある」と指摘。「先週のデータは経済が基本的に安定している様子を示した。今は変動パターンに入っており、株価急落のリスクはない」と分析した。

  ハンセン中国企業株(H株)指数とは0.5%高、ハンセン指数は0.7%高で終了した。

原題:China’s Stocks Retreat After Three-Week Rally on Energy Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE