クーデターは「神の恵み」か-新しいトルコ目指すとエルドアン大統領

  • クーデター未遂は大統領が目指す新たなトルコの実現にとって追い風
  • 多元的かつ世俗的な近代社会の遺産が消え去りつつあると市場関係者

トルコのエルドアン大統領は17日、先週末15日のクーデターが失敗に終わったことを受けて、「新しいトルコ」を目指すと約束した。新たなトルコはこれまでもその姿を現しつつあったが、エルドアン大統領が「神の恵み」と呼んだ今回のクーデター未遂によって、大統領は実現のためのさらなる手段を手に入れた。

  エルドアン大統領は、自らが目指す国が2つの根本的な点で今と異なると明言してきた。それは権力を大統領に集中させ、世俗主義エリート層の政治的役割を縮小するというものだ。ただ、トルコは20カ国・地域(G20)で有数の経常赤字国であるため、海外市場が協力するかどうかという大きな問題が残る。

  ハーミーズ・アセット・マネジメントの新興市場ポートフォリオ主任マネジャー、ゲーリー・グリーンバーグ氏(ロンドン在勤)は「多元的かつ世俗的な近代社会の遺産が消え去り、一党支配による民主主義の色彩を強める社会がそれに取って代わろうとしているようだ」と指摘した。

  ボズダー法相によれば、17日までに6000人余りが拘束され、さらに数が増える見通しだ。その中には、判事2700人も含まれるという。

原題:Coup Was ‘Gift From God’ for Erdogan Planning a New Turkey (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE